一流FXトレーダー

FXトレーダーによる日々の取引ブログ

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










通貨大動乱

通貨大動乱
通貨大動乱
価格: 1,575円
販売元: 楽天ブックス

ドル暴落で個人資産が消えて行く 著者:水野隆徳出版社:ビジネス社サイズ:単行本ページ数:239p発行年月:2005年02月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)2005年は通貨大パニック。ドル暴落、ユーロ高騰、人民元切り上げ、そして円は1ドル85円に。【目次】(「BOOK」データベースより)序章 なぜ不気味な株価軟調が続くのか/第1章 二〇〇五年は通貨大動乱の年になる/第2章 「官金融パニック」がやってくる/第3章 とどのつまりは国民にしわ寄せがくる/第4章 メガバンクは本当に大丈夫か/第5章 ペイオフで地銀沈没/第6章 義の復興で道は開けてくる【著者情報】(「BOOK」データベースより)水野隆徳(ミズノタカノリ)1940年静岡県生まれ。1965年東京大学教養学部卒業後、富士銀行入行。企画部勤務、通産省石油開発公団出向後、調査部シニア・エコノミストとしてニューヨーク駐在。1984年独立。1986年クオリティ・コンサルティング設立。1989‐91年金融財政事情研究会ニューヨーク事務所長。92年から国際エコノミスト。2002年、水野塾を主宰。2004年11月より富士常葉大学副学長・教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。・本> ビジネス・経済・就職> 経済・財政> 日本経済

スポンサーサイト










テーマ:モブログ・携帯ブログ - ジャンル:モブログ

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。